車を売る流れと気を付けたい点についてのサイト

>

車を売る時の基礎知識

出張買取と持込買取の違い

一昔前では、買取業者に持ち込んで査定してもらうという方法が普通でした。
誰が車を売りたいと思っているのか、業者はわかりませんから、売りたい側が中古車買い取り店に持っていくしか、方法がなかったためです。
一店舗目で満足な査定をしてもらえたらいいのですが、商談が成立せずに何店舗も廻るのって、面倒ですし労力も時間もかなりかかってしまいますよね。
また、買い取り店はなんとなくアウェイ感があって買いたたかれてしまい、実際満足度の低いまま買取ってもらうケースも少なくないようです。
一方の出張買取は、査定担当者が来てくれるので、リラックスして対応できます。
必要な書類や印鑑など、売買に必要なものも全て揃っていますから、不備で延期や仕切り直しという事もないわけです。
今は出張買取が主流になっているのは、こうした理由があるからです。

まず準備すること

車を売る前に、まずはたくさんある買取業者をチェックする必要がありますね。
近所に店舗がある、有名店など、選択の基準はそれぞれですが、情報収集の一つとして、口コミも見てみてください。
査定額や手続きの迅速さも大切ですが、接客業ですから担当者の印象もかなり大切です。
横柄だったり失礼な人だと、車も適当に扱われそうで売りたいと思いませんよね。
今まで大切に乗ってきた車ですから、売った後も大切に扱ってもらいたいものです。
それから、必要書類の準備です。
車を売る時には、基本的に車検証、印鑑登録証明書と実印、自賠責保険証明書といったものが必要になります。
印鑑登録証明書は自治体に発行してもらうものですから、事前に準備しなければいけません。
いざ手続きの際に不備がないように、しっかりと確認しておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る